なぜ頑張りすぎてしまうのか?


しあわせメンタル研究家

セラピスト&コーチの西村ひろ子です。


誰かの役に立たないと

自分の存在価値がないと思ったことってないですか?


私は長いこと、思っていた以上に
強く潜在意識でそう思っていたんだ!

っと半年前くらいにエモーションフリーで
セルフワークをしていたときに、はじめてわかりました。


なんとなくは思ってんだろうなーと知っていたけれど

そんなに深く思い込んでいたって

気が付いてなかったんです。



でも、その根深さがわかったことで

ずいぶん楽になりました。


ずっと、ついつい頑張りすぎてしまうのはなんでだろ?

と思っていたから。


そしてエモフリで解放した後は

しんどい時ややりたくない時は
やらなくていいんだなぁ


と自然にわかるようになって
自分で決めれるようになった。


誰かに許可を求めることなく。






そして、人の役に立つ喜びは、
大きな大きな喜びだけれど


今の私は誰かの役にたたなくてもいい存在だ

ということも
同時にわかっている。


わかったら、自分の好きなことを優先できる。
誰にも遠慮なく。



役に立たないでもいいや、と自意識から解放されると
身体がずいぶん軽くなるから

それまでよりも、たくさん動けるようになって


結果、役に立つという不思議を体験してしまう。


がんばらなくてもいいってこうゆうことを言うんだな、
と、突然腑に落ちることが増えていく。

変化しなければわからなかった感覚や体感。


それくらい、普段、私たちは自分で自分に
知らないうちにプレッシャーをかけてしまっているもんなんだね。